seminer_end
IoTを用いた予知保全への取り組みが始まり始めていますが、その実現に当たっては、ハードウェアなどの通信インフラだけでは解決できないビッグデータ分析上のハードルがあります。
本セミナーでは、IoTによる予知保全ソリューションやその適用事例、ビッグデータ分析上のハードルとその解決方法、さらにはリアルタイム・マーケティングの可能性について、国内外の事例を通じてご紹介いたします。
IoTの活用にご関心のあるメーカー様やサービス事業者様のご来場をお待ちしております。

<セミナー概要>

■会 場:テクノスデータサイエンス・マーケティング本社 セミナールーム
    東京都新宿区西新宿3-20-2 オペラシティタワー32階
    ※テクノスジャパン関西支店のTV会議からの参加もできます。
■参加費:無料(事前登録制)
■定 員 : 15名まで(定員となり次第受付を終了させていただきます)
■主 催:株式会社テクノスジャパン
■協 賛:SAPジャパン株式会社
■問合せ:03-6383-3261 セミナー担当まで

<セミナー内容>

■第一部:事例から学ぶ予知保全実現のポイント
テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社では、先進のアナリティクス技術を通じてお客様の様々なビッグデータ分析に取り組んでおります。本講演では、IoT活用分析で注意すべき点やその解決方法、さらにはリアルタイムマーケティングの可能性について事例をもとにご紹介いたします。
■第二部:予知保全のグローバルケーススタディ
SAPは、SAP HANAプラットフォームをベースに予測エンジンやモバイルアプリを組み合わせて、ユーザが使いやすい予知保全の仕組みをご提供してまいりました。本講演ではグローバルのユーザ事例を通じて当分野におけるSAPのケイパビリティをご紹介します。