2016年2月16日に開催される「IoT World Conference & Expo 2016 NAGOYA」で講演・ブース出展いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベント内容 IoT World Conference & Expo 2016 NAGOYA
※公式サイト→こちら
期 日 2016年2月16日(火)
会 場 ウインクあいち
※会場へのアクセス→こちら
弊社セッション
11:10~11:50 C-03

<講演タイトル>
事例に学ぶ、機械学習を使ったIoTデータ分析これからIoT時代に必要な分析手法とは
<講演者>
執行役員常務
池田 拓史
<講演概要>
IoT時代になり益々注目を集める機械学習やDeepLearningなどを使った分析手法。
実際にどのように利用されていて、何を行うことができるのか?企業にどんなメリットがあるのか?事例を交えながらデータサイエンティストがその手法やメリットなどをお教えいたします。

ブース展示内容 様々なところで大量に生み出されるIoTデータ。今後はデータを持つだけではなく、いかにデータを活用しそこからインサイト(=価値)を得るかが重要になっていきます。
そしてその「価値」を生み出すために欠かせないのが機械学習などを利用したアナリティクスです。
テクノスデータサイエンス・マーケティングでは、アナリティクス専門企業としてデータを価値あるものにするために、アナリティクスコンサルティングや、分析基盤構築から機械学習モデル『知能化エンジン』組込んだスマートアプリケーション開発などをご提供しています。
本ブースでは、「知能化エンジン」を使ったアプリケーション開発のご紹介や、実際に機械学習を使ったアナリティクスを体感頂くことができます。