『機械学習を使って異常検知モデルを作る ハンズオンセミナー』を開催いたします。
弊社のデータサイエンティストと一緒にAzure MLを利用して異常検知モデルを構築しませんか?
分析経験やAzure MLの知識がない方でも、機械学習の概論からAzure IoT Hubからのデータ取得、
Azure MLモデル構築、Power BIを用いた可視化を速習できます。
また、セッション資料は後日データでご提供のほか、本セミナーではAzureの使用権を3万円分含んでおりますので
セミナー受領後もご自身やチームメンバーで自習可能なお得なセミナーとなっております。
是非、奮ってご参加ください。

開催日時 2017年11月20日(月)13:15 ~ 18:00(受付開始 13:00~)
会場 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー14階
※会場へのアクセス→こちら
申込み 申込サイト→こちら
事前登録が必要です。
定員 20名
費用 1名 50,000円(*税抜)(事前登録制)
*費用には30,000円相当分の自習用Azure 使用料が含まれています。
(最大21日間)

5営業日前までに指定の口座へお振込みください。
詳細は申込完了メールをご確認願います。

アジェンダ <機械学習の概論を理解しよう>
1.機械学習とは
2.機械学習のメリット・デメリットを考える
3.機械学習のつかいどころ/活用事例の紹介<実際に異常検知モデルを作ってみよう>
1.演習の概要を確認
2.異常検知モデルの構築
3.DB の準備とデータの格納
4.IoT Hub の導入
5.Stream Analyticsの設定
6.Power BI による可視化詳細はこちらをご確認ください。