データサイエンスのチカラでビジネスに役立つ価値を

ケネス・コール様

キャンペーンの効果を最大化するためにエンゲージ・マーケティングを取り入れユーザーとの関係を強化する

ケネス・コールはケネス・コールプロダクションの基幹ブランドであり、高級婦人紳士服、靴、バック、アクセサリー、フレグランスを展開。店舗展開はアメリカ以外にも、アジア、ヨーロッパ、中東など世界各国に広がっている。ブランドに対しての高い認知度を活用し、新たな顧客層を新規開拓するために、ユーザーとの関係を強化するエンゲージ・マーケティングに取り組むこととなった。

kenneth_img_01
ケネス・コール(Kenneth Cole Productions,Inc.)

設立:1982
本社所在地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州
事業内容:アパレル
URL:http://www.kennethcole.com/

ソーシャルメディア分析の背景

なぜケネスコールがソーシャルメディア分析を重要視しているかの背景は、創設者ケネス・コールの考えによる。創設者自身が30年間に渡り様々な重要な社会的問題について世間と意見交換をしてきたことで、知性や思慮深さを持ち合わせたブランドというイメージを確立することができた。また意見交換を継続していくことがミッションステートメントとなっている。そういった知性的な人々にこそ自分たちの製品を愛用して欲しいという考え方がファンの意見を大切にする文化にある。

kenneth_img_02

NetBaseの活用

活用のひとつはNetBaseを利用してブランドに対しての感情やクチコミをモニタリングしブランドイメージの維持に努めている。ふたつめはNetBaseをキャンペーンで利用することである。「ケネス・コールホリデー ~Embrace the Present」~と題したキャンペーンでNetBaseの真価を発揮することとなる。NetBaseを使いブランドのファンを特定。そしてNetBaseのエンゲージ機能によってその投稿者へメッセージを送り、情報交換の許可を得ることから始める。許可を得た投稿者の発言をNetBaseでモニタリングし「寒い」、「夏が恋しい」というような発言があったとき、サプライズでコートのプレゼントを願い出る。その後、コートを着た画像とエピソードが掲載された投稿が、ソーシャルメディア上で広がっていく。このようにファンを増やしていく活動にNetBaseは大いに役立っている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP