データサイエンスのチカラでビジネスに役立つ価値を

ヤム・ブランズ様

ブランド危機管理を目的とするコマンドセンターを 立ち上げるためNetBaseを選択 わずか30日間という短期間で全世界へロールアウト

ヤム・ブランズ (Yum! Brands, Inc.) は、アメリカケンタッキー州ルイビルに本社を置くファストフードレストラン企業でケンタッキーフライドチキン、ピザハット、タコベルといったファストフード店を世界110ヶ国以上で、36,000店以上展開している。順調に事業を展開する一方で課題もあった。食品業界においてはブランド保護対策が急務な状況であった為、早急な取り組みが必要となっていた。 そこでNetBaseを活用したコマンドセンター立ち上げプロジェクトが始まった。

yum_img_01

ヤム・ブランズ(Yum!Brands)

設立:1997
本社所在地:アメリカ合衆国 ケンタッキー州
事業内容:ファストフードチェーン
主要子会社:KFC、ピザハット、タコベル 他
URL:http://www.yum.com/

ブランド保護の課題

食品業界を取り巻く、特に中国での食品衛生問題が背景にあり、対策チームが立ち上がった。チームはコマンドセンターを立上げることを目標とする。世界中のどこで問題が起きてたとしても迅速かつ的確に対応することが必要とチームディレクターFullerは話す。新聞やTVといった既存のメディアが報じるより先にソーシャルメディアで情報が拡散している現状から、チームではこれまでにない取り組みとしてソーシャルメディア分析ツールの検討に入った。

yum_img_02

NetBaseの採用理由

いくつかのソーシャルメディア分析ツールを比較検討した結果NetBaseの採用に至る。採用の理由のひとつはユーザ実績が組み込まれた扱いやすいダッシュボードとFullerは話す。ふたつめは世界中のドメインに対応した網羅性とグローバル言語対応(45ヶ国語)を挙げる。

コマンドセンター立上げ

最初は2名でコマンドセンターを立上げ、ヤムブランズのある各国のソーシャルデータを監視し、世界中の各対策チームへデータとガイダンスの共有を図った。並行してマーケティング、広報領域にソーシャルデータの活用の幅を広げながら、各国へロールアウト展開を行い現在では100ユーザーがNetBaseを使用している。多くの業務にソーシャルデータの活用を進めていくことでさらにユーザーを増やしていく予定とFullerは話す。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP