Tecnos Data Science Engineering

NetBase 海外SNS分析事例

ピザハット カナダ、未来に戻って売上倍増

ピザハット カナダ

NetBase

ブランドを超えた社会的な話題がインフルフルエンサー的に拡大し、大きな勝利をもたらした

大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー:パートII」の劇中に登場したピザハット カナダは、バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ(2015年10月21日)がピザハットにとって大きなマーケティングの機会となることを予想していました。
そこで、ファンとコミュニティ獲得のためのキャンペーンを拡大するために、NetBaseを活用してインフルエンサーをピンポイントで特定することにしました。

インフルエンサーはピザハットのソーシャル・アクティベーションと、それに対応する製品である14.99ドルの「McFly Movie Meal」についての口コミを広めるのに役立ちました。インフルエンサーのサポートにより、次の6週間は目玉商品の販売数が2倍になったのです。

挑戦:一生に一度のチャンスを最大限に活かす

2015年10月21日は、26年前に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の中でタイムトラベルした未来の日付です。
ピザハットは映画の中で描かれた未来で紹介されていました。そこで、多くの話題を生み出していた「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」にピザハットに注目を集めたいと考えていました。しかし、映画の中で紹介されたピザの「水分補給器」は販売していなかったので、他の方法でファンやコミュニティとの交流に焦点を当てることにしました。
これは一生に一度きりのチャンスだったので、ピザハットは「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」のメッセージを拡散するためにインフルエンサーを募ることで、それを最大限に活用したいと考えたのです。ピザハット カナダは NetBase を利用してターゲットとなるオーディエンスの中からインフルエンサーを特定し、バック・トゥ・ザ・フューチャーに関する会話で機会を特定し、ピザハットとの相性を数値化しました。

解決策:ターゲットセグメントに影響を与えるインフルエンサーのリストアップ

ピザハットは定期的に NetBase を使用してブランドの健全性を監視し、人々が「いつ」「どのように」ブランドに関わっているかを把握しているため、既に2つのオーディエンスグループを特定していました。それは、番組を見ているときにピザを食べる人と、ゲームをするときにピザを食べる人です。ピザを中心とした活動を特定し、次にインフルエンサーの特定に着手しました。
彼らは「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」のメッセージを自然に拡散することができる人々を見つけたいと考えていました。しかしピザハットは、ピザハットに対して情熱を持っている人たちの中で、ゲームをしている人やテレビを見ている人たちだけでは十分ではないことを知っていました。ブランドを問わず、好きな食べ物としてピザを愛している消費者を考慮しなければなりませんでした。そこで彼らはインフルエンサーを活用するだけでなく、意見を変え、競合他社との会話を制覇するチャンスだと考えたのです。
ピザハットカナダは、NetBase のソーシャルリスニングとセンチメント分析ツールを使用して、これらのターゲット層が過去にどのくらいの頻度でブランドと関わっていたかを明らかにしました。また、投稿の感情を分析して、その関わりがどれほど好ましいものであったかを理解しました。
ピザハットはゲームカテゴリーから6人、一般的なピザ好きのカテゴリーから6人、合計12人のインフルエンサーを特定しました。また、「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」キャンペーンの企画段階で彼らとかかわりを持ち、似たような親和性を持つ人々を惹きつけるためには何が最適なのかを学びました。

結果:「McFly Movie Deal」の週間売上が2倍に

2015年10月21日、ピザハット カナダは「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」キャンペーンを開始しました。ヤング=ダンダス・スクエアには正確なレプリカのデロリアンをフィーチャーし、ファンの写真を撮影したムービーシーンを完全に再現しました。
ピザハット カナダはインフルエンサーを活用して、この素晴らしいチャンスを社会的な話題として拡大させるとともに、14.99ドルのディナーボックスを「McFly Movie Deal」として再ブランド化しました。
このキャンペーンはソーシャルと店舗の両方で好評を博し、当日の売り上げは2倍になりました。

・ディナーボックス「McFly Movie Deal」購入数が2倍
・オンライン売上とディナーボックスの売上が恒久的に増加
・1800万インプレッションを獲得
・PR予算がなくても全国的にメディアに掲載されることに成功
・ヤング=ダンダス・スクエアでのファンエンゲージメントの獲得

関連サービス

SNS分析関連コラム・レポート

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ 資料のダウンロードはこちら
AIの活用をお考えなら、資料のダウンロードはこちら

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら