Tecnos Data Science Engineering

NetBase SNS分析ツール活用方法・事例

口コミ(クチコミ)分析のマーケティングへの活用

2019.10.07
口コミマーケティング

商品やサービスに対する消費者の感想や話題を指す「口コミ(クチコミ)」は、ブランド認知や購買の意思決定に関与していることから今やマーケティングには欠かすことのできない存在です。
WEBサイトのレビューやSNS(ソーシャルメディア)、口頭などさまざまな手段で口コミは広がりをみせています。そのなかでも特に注目されているのがSNSによる口コミです。
SNSはその拡散のしやすさから、口コミが多くの人に届きやすいという性質があります。
そのため、商品の宣伝のために口コミを積極的に利用したり、または市場で拡散されているコンテンツを調査し、自社のサービスに活かすためにもSNSの口コミマーケティングは欠かせません。
ここでは消費者の口コミ分析の方法やマーケティングへの活用などをご紹介します。

口コミ分析の方法とは?

自社のどんな投稿が人気か、または自社のフォロワーなど自社のアカウントに関連する情報は、TwitterやInstagramが提供しているTwitterアナリティクスやInstagramインサイトといった公式のアナリティクスツールを使用すれば分析することが可能です。
一方、自社サービスや製品に対する口コミは自社アカウントと関係していない場合が多く、アカウントのアナリティクスツールでは分析を行うことができません。

SNSの口コミ分析には、ソーシャルリスニングツールを使用します。
ソーシャルリスニングツールは、日々世界中で投稿されている膨大な消費者の口コミからサービスや商品、行動に関するデータを収集・分析するツールです。
自社のアカウントやサービスに関する口コミはもちろん、競合企業に関する口コミや一般的なトレンドについての口コミを分析することができます。

NetBaseレポーティング例

NetBaseのレポーティング例

このように感情分析や口コミを投稿しているユーザーの男女/年齢構成、人気の投稿など分析したいキーワードを軸にさまざまなデータを得ることができます。
ソーシャルリスニングツールによって分析できる対象のSNSや言語、レポーティング内容に違いや特徴があるので「どのような口コミを閲覧したいか」、また「その要件を満たしたツールであるか」は事前に確認が必要です。

それでは、ソーシャルリスニングツールを用いた口コミ分析について具体的にご紹介しましょう。

自社製品・サービスの口コミ分析

自社製品やサービスに関連するキーワードを登録することで、そのキーワードを含む口コミを収集したり、口コミを投稿しているユーザーの属性を分析することができます。
このような口コミ分析を参考にして、製品やサービスの改善や開発に取り組むことができます。
また、自社のプロモーション施策がターゲット層に届いているか、どのような層に影響を与えているか、といったこともキャンペーンの効果測定として使用することも可能です。
さらには、製品やサービスに対するポジティブ/ネガティブの感情を調べるだけではなく、製品やサービスがどのような場面、方法で利用されているかを調べることもできます。意図しない方法で製品が使用されていることを発見することができれば、注意喚起を促したり直接コミュニケーションをとるなど、問題が大きくなる前に対応することができます。
特に製薬会社などは、薬の誤った用法・用量を超えた使用は死につながる危険を伴います。それらの口コミを抽出することでHPや公式SNSで注意喚起をしたり、事故を未然に防ぐための対策をとることができます。

競合製品・サービスの口コミ分析

自社の製品やブランドの分析だけでは、その反響が多いのか少ないのか判断することができないので、競合他社と比較した自社の立ち位置を明確にすることができません。
つまり、製品やサービスの開発には競合分析が欠かせないのです。
ソーシャルリスニングツールでは、競合分析にSNSの口コミを活用することで自社の口コミだけでなく、競合についての口コミも分析が可能になります。

競合他社の製品やサービス名の口コミを投稿しているユーザー属性や口コミの総量を自社のデータと比較することで、自社の反響が競合と比較してどの程度なのかを判断します。
また製品やサービスの開発では、競合製品やサービスに対する口コミの分析からユーザーニーズを掘り起こし、自社に活かすことができます。
このように競合を分析することで自社の立ち位置を把握したり、製品やサービスの開発に活かすことができるのです。

一般トレンドに関するの口コミ分析

マーケティングでは長期的な市場の動向をモニタリングし、トレンドの動向から市場感を把握して自社サービスや商品開発、プロモーションの戦略などに活かします。
このような市場動向や一般トレンドについてもSNS分析でモニタリングをすることが可能です。
タピオカミルクティーを例に考えてみましょう。

タピオカミルクティ

今年爆発的に流行したタピオカミルクティーですが、実は今年だけのトレンドではなく過去数年間をかけて徐々に口コミが増加しているのです。
ベースが増加しているトレンドはその収束スピードも遅く、今後緩やかに増加する可能性があります。社会現象のような状態からは脱することが予想されますが、タピオカミルクティーの人気は今後も続く可能性があると考えられます。
これまで、急激に増加したトレンドは今後の見通しが不透明なため、商品戦略やプロモーションに活かすには難しい点がありました。
しかし、このように過去数年分の口コミを分析することでそのトレンドが一過性なものか、継続的なものかをある程度判断することが可能になります。
また、タピオカミルクティーと同じような推移で増加をしているトレンドキーワードを見つけることができれば、トレンドの増加を見越した商品開発などに活かすことができるのです。
またソーシャルリスニングでは投稿量の増減だけでなく、投稿の内容や投稿に反応しているユーザーの興味関心からそのトレンドがどのように変化しているのか多角的に分析することも可能です。

ソーシャルリスニングツール「NetBase」

NetBase

このようにソーシャルリスニングツールを使用した口コミ分析では自社や競合、トレンドについて幅広く分析を行うことが可能になります。
弊社の提供するNetBaseは日々世界中で投稿されている膨大な消費者の声から、最先端のAI技術を駆使し、リアルタイムで分析が可能なソーシャルアナリティクスツールです。
さまざまな角度から口コミを分析するための分析機能を多数搭載しています。
またNetBaseでは過去5年分のSNSデータを蓄積することができるので、長期間におけるトレンドや市場動向の分析に活用いただくことも可能です。
口コミ分析にご興味のある方はぜひNetBaseをお試しください。

「NetBase」を詳しく見る

関連サービス

関連記事

SNS分析活用事例一覧へ戻る

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ 資料のダウンロードはこちら
AIの活用をお考えなら、資料のダウンロードはこちら

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら