Tecnos Data Science Engineering

NetBase SNS分析ツール活用方法・事例

一流の外資系企業は
インフルエンサーをどう活用しているのか?

2021.10.08

マーケティング戦略の一環として、ソーシャルメディアのインフルエンサーを活用することが盛んになっていることは間違いありません。
しかし注目すべきは、話題になっているのがメガインフルエンサーや有名人のソーシャルメディアでだけでないということです。

ナノ・マイクロインフルエンサーは、ニッチなオーディエンスへのリーチとエンゲージメントを高め、ブランドにとって大きな価値を発揮しています。
Instagramではインフルエンサーがブランドに多くの価値を提供しており、TikTokではZ世代をターゲットとしたマーケティングに大きな価値をもたらしています。

ここでは、以下のブランドと彼らのソーシャルメディア・インフルエンサー・キャンペーンが消費者に与えた影響について簡単にご紹介します。

  • マクドナルドとBTS
  • ティファニーとBlackpinkのロゼ
  • サムスンとStyle It Pretty Home
  • ロレアルとTikTokスターFalcopunch
  • 次世代のソーシャルメディア・インフルエンサーとブランドの可能性

インフルエンサー・マーケティングは昨年において臨界点を迎えましたが、これらの統計が示すように、現在も増加傾向にあります。

  • インフルエンサーはマーケティングのやり方を大きく変えました。実はインフルエンサー・マーケティング業界は今や印刷広告よりも規模が大きく、2021年には138億ドル以上の規模になると予想されています。
  • マーケティング担当者の96%が「ソーシャルメディアでインフルエンサーを起用する際にはInstagramを利用する」と回答しています。
  • 66%のブランドが、2021年にインフルエンサー・マーケティングの予算を増やすと予想しています。

過去1カ月間におけるインフルエンサー・マーケティングとソーシャルメディア・インフルエンサーをめぐるオンラインでの会話は、ポジティブな話題が100、ネガティブな話題が-100の間の中で71と非常に肯定的です。

さらに分析して感情の上位のワードクラウドを見ると「人々がどのように感じているか」「なぜ多くのブランドがこの活動に参加しようとしているか」がわかります。

そこで今回は、ソーシャルメディアでのインフルエンサー戦略により、ブランド認知度の向上を実現しているブランドをご紹介します。

マクドナルドとBTS

昨年9月、マクドナルド(McDonald’s)はラッパー兼ソングライターのトラヴィス・スコット(Travis Scott)とのコラボレーションを発表しました。その内容は、スコットが好きなマクドナルドの食事をファンが注文できるメニューとして提供するというものでした。
これは、1992年にマイケル・ジョーダンのお気に入りのメニューを紹介して以来のことでした。今、彼らは再びそれをやっているのです。

さらに、今年の4月19日にマクドナルドはこのようなキャンペーンを発展させ、K-POPの代表格であるBTSをフィーチャーすることを明らかにしました。
5月26日、マクドナルドは「BTSミール」を世界で初めてのセレブリティ・ミール・コラボレーションとして発売したのです。

過去1カ月間のMcDonald’sでの会話をBTSを含むブランドについてだけ絞り込んでみると、発売日に言及が急増していることがわかります。このコラボレーションに対するネット上のセンチメントは74%と非常に高く、30日間で60億回という驚異的な潜在的インプレッションが得られました。しかし、これは英語だけの話です。

このコラボはまだ終わっていません。6月16日には2種類の新しいグッズコレクションが発表されました。
マクドナルドをテーマにしたBTSのアートを活用したブランドアパレルやトートバッグ、キーホルダーなどのアクセサリー、そしてBTSのヒット曲「Butter」にインスパイアされたアイテムが登場しました。

マクドナルドは「業界の2大巨頭が手を組んで会話を盛り上げるとどうなるか」を世界に示しています。マクドナルドが次に何を仕掛けてくるかはわかりませんが、彼らがインフルエンサー戦略を成層圏にまで高めあげたことは間違いありません。

ティファニー(Tiffany)とBlackpinkのローズ

ソーシャルメディアは世界を小さくしました。そのため、多くのブランドは世界中のファンと交流できるより多様なソーシャルメディア・インフルエンサーを求めています。これが、ブランドがK-POPスターの大規模なファン層と製品を結びつけるために、K-POPスターを重用している理由の一つです。

BTSと女性だけのスーパーグループBlackpinkは、拡大を続けるK-POP界のトップに位置し、世界的に大きな影響力を持っています。両グループは長年にわたってさまざまなブランドとパートナーシップを結んでおり、メンバーでさえもトップブランドとのコラボレーションを何度も繰り返しています。

Blackpinkのメンバーは、Saint Laurent、Celine、Chanel、Diorなどのブランドとアンバサダー契約を結んでいます。最近では、BlackpinkのシンガーであるRoséが、世界的な高級宝飾店であるTiffany & Co.のブランドアンバサダーとして、2021年のTiffany HardWearデジタルキャンペーンの顔となりました。
このキャンペーンは、4月23日にティファニーの公式Instagramでデビューし、大きな反響を呼びました。
Roséを起用した舞台裏のインスタグラムの投稿は、50万回以上再生されました。

グローバルな魅力を持つこのブランドが、新たなオーディエンスへのブランド認知度を高めるために、このような優秀なソーシャルメディア・インフルエンサーとの取引を求めている理由がお分かりいただけたと思います。

サムスン(Samsung)とStyle It Pretty Home

ブランドとのパートナーシップは、BlackpinkやBTSのようなメガインフルエンサーとのものばかりではありません。
小規模でニッチなインフルエンサーは、特定のオーディエンスを直接ターゲットにしたいブランドにとって、その価値を何度も証明してきました。
大量のフォロワーを持つソーシャルメディアのインフルエンサーは、幅広いオーディエンスに素早く情報を広めるのに適しています。しかし、製品の用途が非常に限定されている場合は、その製品に興味を持っている小規模なインフルエンサーを起用するとよいでしょう。

例えばサムスン(Samsung)です。サムスンは電子機器の分野では有名ですが、スマート家電の分野でも活躍していることはあまり知られていません。
スマート家電は、IoTとともに大きな注目を集めています。1月に開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で見たように、サムスンはこの分野の重鎮的なイノベーターです。

CESでは、DIYのホームプロジェクトを専門とする中堅のソーシャルメディア・インフルエンサーを使って、サムスンがスマートガスレンジの情報を発信しています。
このインフルエンサーは14万1千人のフォロワーでBTSやBlackpinkに比べると比較的少ないフォロワーしか持っていませんが、彼らの家のリフォームの経過をフォローすることで、彼らとの関係を築いています。
つまり、サムスンはコンテンツ制作者を信頼している熱狂的な視聴者に自社製品がよく受け入れられることをすでに知っているのです。

ロレアル社とFalcopunch

インフルエンサーマーケティングの主流は依然としてInstagramであるものの、多くのブランドはここ2、3年の間にTikTokの人気が急上昇していることにも注目しています。
TikTokはZ世代に絶大な人気があり、若年層の注目を集めたいブランドにとっては必須の存在です。

このプラットフォームは、コラボレーションコンテンツ、ハッシュタグチャレンジなど様々なインフルエンサーマーケティングでヒットしています。2019年にBMWは新型1シリーズセダンの発売を、#THE1challengeのハッシュタグを使ったTik Tokソーシャルメディアマーケティングキャンペーンで宣伝しました。

またBMWは、Falcopunchを含む3人の注目すべきTikTokソーシャルメディアインフルエンサーを起用し、このチャレンジの動画は25万近くの「いいね!」を獲得しました。
このブランドのハッシュタグは、600万回以上も再生されました。

ロレアル(L’Oréal)もまたFalcopunchを起用し、彼の1,000万人を超えるフォロワーに向けて男性用スキンケア製品「Men Expert」シリーズのプロモーションをおこないました。
ロレアルは、男性のスキンケア方法が数年前のように笑いを誘うものではないことを知っています。
では、次世代のための新しい考え方を広めるためにブランドはTikTok以外のどこに行くべきなのでしょうか?

ロレアルの考えは非常にスマートであり、正しい方向に向かっていることは間違いありません。

次世代のインフルエンサーとブランドのチャンス

最先端のソーシャルメディアリスニングツールの目的は「ブランドが新しいトレンドを維持すること」にあります。
では、インフルエンサーの最先端とは何でしょうか?
もし、CGで出来たインフルエンサーが、現実のインフルエンサーと同じように「ブランドのマーケティングを行う」と言ったらどうでしょう?

そう、既にCGキャラクターのインフルエンサーはここにいるのです。

リル・ミケーラ(Lil Miquela)のInstagramページは300万人という驚異的なフォロワー数を誇り、多くのブランドコンテンツを提供しています。
ミケーラは、AIとロボットを専門とするメディア企業であるBrudの発案者です。彼女のInstagramフィードは2016年より開始され、それ以来彼女のフォロワー数は指数関数的に増加しています。

興味深いことに…… 彼女には人生があり、フォロワーが積極的に関わるストーリーがあります。彼女はCalvin Kleinのキャンペーンをおこなったり、サムスンのフリップフォン「Galaxy Z」のプロモーションをおこなったりもしています。
彼女の投稿に登場する服、場所、人物、アクセサリーは実在するものであり、ブランドは彼女のフィードで製品を紹介することができます。彼女は非常にリアルな外見をしていますが、それでもコンピューターで作られていることがわかります。
しかし、大勢のフォロワーやソーシャルメディアのインフルエンサーとして彼女に関わっているブランドにとっては、そんなことはさほど問題ではないようです。

また、彼女のインスタグラムへの投稿のほとんどは、彼女の服やアクセサリーに使われているブランドへのリンクを含む、数枚の写真で構成されています。

ソーシャルメディアとCGが必然的に衝突し、人工的なソーシャルメディアのインフルエンサーを生み出すことになることは想像に難くないことでしょう。

しかし、問題は「それがマーケティングとして機能する」ということです。それは現実のソーシャルメディアのインフルエンサーを追い越すでしょうか? 恐らくそうはならないでしょう。しかし、より多くのインフルエンサーが登場する中で、ブランドが彼らを見過ごす理由はありません。
結局のところ、ここで重要なのは、あなたのブランドがソーシャルメディアリスニングを使ってターゲットオーディエンスを特定し、彼らを積極的に巻き込んでいるソーシャルメディアインフルエンサーとの関係を追求していることです。

あなたのブランドは、インフルエンサーマーケティングで成功していますか?
ソーシャルリスニングは、刻々と変化する消費者の認識に合わせて前進するための鍵となります。

私たちはワールドクラスのソーシャルリスニングツールNetBaseをご用意していますので、あなたのインフルエンサーマーケティングの成功をお約束します。

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ 資料のダウンロードはこちら
NETBASEの資料ダウンロードはこちら お問い合わせはこちらから TEL03-6383-3261
NETBASEの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら