Tecnos Data Science Engineering

NetBase SNS分析ツール活用方法・事例

2021年以降のソーシャルメディアのトレンド15選

2021.06.10
2021年以降のソーシャルメディアのトレンド15選

2021年には特別な要求を持つユニークな顧客層が形成され、ソーシャルメディアのトレンドもそれに追随するものとなっています。
人々がバーチャルな生活に適応するにつれ、テクノロジーはさまざまな方法で進歩し、消費者は社会的な変化をもたらそうと懸命に努力しています。どのようなマーケティング戦略であってもこれらの力を認識し、それに適応しなければ長続きしないでしょう。

ここでは、マーケティング部門が積極的に取り組むべき2021年以降のソーシャルメディアの15のトレンドをご紹介します。
まだこれらの項目にすべてチェックを入れていなくても、大丈夫。始めるのに遅すぎることはありません。
これらのソーシャルメディアのトレンドは、今まさに注目されているので、柔軟に理解して動き出しましょう。そうすればタイムリーで、適切で、先見性のある方法でお客さまと接することができます。

具体的に15のトレンドをあげてみます。

  1. 1. TikTokの継続的な買収
  2. 2. 消費者とつながるライブストリーム
  3. 3. バーチャルリアリティが主流に
  4. 4. AR(拡張現実)の普及
  5. 5. オーディオ・チャット・プラットフォームのビジネスへの導入
  6. 6. 動画が主役になる
  7. 7. 戦略的マーケティングのためのInstagramストーリー
  8. 8. Twitter/Instagram以外のチャネルに注目する
  9. 9. AIを活用した取り組みが、あらゆるところでおこなわれるようになる
  10. 10. 価値ベースの購買ブーム
  11. 11. 差別化要因としてのサイコグラフィック・インサイト
  12. 12. 形と機能における包括性
  13. 13. サステナビリティの動きが本格化
  14. 14. フレキシタリアンが食に与える影響
  15. 15. インフルエンサーとKOLが主導権を握る

1. TikTokの継続的な買収

昨年、TikTokはアプリストアのチャートでトップに立ち、他のソーシャルメディアプラットフォームが何年もかけて達成した数字をはるかに超えました。
TikTokの月間アクティブユーザー数は6億8,900万人を超え、1回の利用で平均1時間近く滞在しており、ソーシャルメディアのトレンドとして定着しています。

このプラットフォームが若い人たちだけのものだと思ってはいけません。また、だからといって自社ブランドをこのプラットフォームに参加させることを躊躇してもいけません。
ソーシャルリスニングツールを正しい方向に向けることで、的を射たコンテンツで消費者にアプローチする最善の方法を理解することができます。TikTokはまだ爆発していません。

インスピレーションが必要な場合は、男性用の「腰から下」のグルーミングブランドManscapedに注目してください。
彼らはソーシャルメディアのトレンドを把握しています。彼らは、NetBaseを使って活動をおこなっているだけでなく、TikTokではブランドのファンに響くような皮肉なユーモアを交えた活動をおこない、ホームランを放っています。

@manscaped

somehow I found a way to make “ba|| trimmers” a personality trait

♬ original sound – andie

2. 消費者とつながるライブストリーム

昨年は誰もがライブストリーミングに慣れ親しんだ年でした。
ソーシャルメディアのトレンドは以前からありましたが、消費者が日常的に利用するものではありませんでした。今では、パンデミックのような不安要素はほとんどなく、ZoomやFacetime、Instagram Liveは、使い古したジーンズを履くような感覚で利用されています。今や誰もが慣れ親しんでいるので、あなたのブランドもこのアクションに参加すべきです。ブランドのストーリーを伝えると同時に、ブランドを人間らしくして消費者のニーズに応えることができます。

ソーシャルリスニングツールを使って、消費者が話している方向を把握し、ニーズを満たすようにコンテンツを作成しましょう。
インスピレーションを得るために、ペット用品のオンライン小売業者であるChewyがどのようにしているかをチェックしてみましょう。Chewy社はこのソーシャルメディアのトレンドに乗って、ライブストリームでエンゲージメントを高めています。
他のコンテンツスタイルの中では、Chewy Vet Q&Aライブショーが最もファンの共感を得ています。

3. バーチャルリアリティが主流に

昨年のコロナウィルスによるパンデミック以来、多くの人が外出したくてもできない状況でした。その結果、VRはインドアの主流になりました。
VRヘッドセットとゲームが主役ですが、ほかにも多くのクリエイティブな使い方がソーシャルメディアのトレンドとして注目されています。遠隔地でトレーニングをしたり、VRツアーでバチカン市国などの遠方を訪れたり、Vroomでバーチャルに車を購入したり、使い方は広いのです。

バーチャルリアリティは、ブランドメッセージを新しいレベルに引き上げます。
すべてのブランドには伝えるべきストーリーがありますが、それをバーチャルに伝えてみませんか? 
Patrón Spirits社は、バーチャルハシエンダツアーでそれを実現しました。このツアーでは、ミツバチの視点からテキーラの製造、熟成、ボトリングのプロセスを見ることができます。このツアーは当初、Oculus Riftヘッドセット用に制作されました。その後、Google Cardboardにも対応し、スマートフォンやタブレットでも視聴できるようになりました。
これは消費者を案内し、ブランドストーリーを伝えるための非常にエキサイティングな方法です。

4. AR(拡張現実)の普及

ARはSnapchatやTikTokなどのソーシャルメディアで、誰もが知っている技術です。
このテクノロジーは、おじいちゃんやおばあちゃん、子どもの顔を動物に変えるだけではありません。先見の明のあるブランドはこのソーシャルメディアのトレンドを利用して、すでにARをマーケティング・ミックスに取り入れていますし、自分のブランドに適しているかどうかを見極める価値を感じています。

ARとCPGの小売業者にとっての意味合いは非常に大きいでしょう。
例えばIkeaはAR対応のアプリを導入し、消費者が家の中でIkeaの製品を視覚化できるようにしました。同様に、コンバースはユーザーが靴のスタイルを選び、タブレットやスマートフォンを足元に向けることで、そのスタイルをユーザーに重ね合わせることができるアプリを用意しています。
これは確かに先進的なマーケティングであり、今後もさまざまな試みがなされることでしょう。

5. オーディオ・チャット・プラットフォームのビジネスへの導入

ClubhouseやTwitterのSpacesのようなオーディオ・チャット・プラットフォームは、まだ発展途上にあります。Clubhouseは招待制で、特にAndroidユーザーにはとても人気があり、ユーザー数も増加しています。Clubhouseに対するTwitter社の回答はSpacesという形で発表されましたが、これはまだ運用開始の過程にあります。

Clubhouseは試行錯誤の段階であり、売り込みのためのチャネルとしてはまだ不十分です。しかし、それも変わっていくことでしょう。
一方ブランドは、このプラットフォームがソーシャルメディアのホットなトレンドに対応しており、インフルエンサーが多数参加していることに注目しています。
一部のブランドや機関は、このプラットフォームが何らかのマーケティングの切り口になるとき、すでにアカウントを作成して参加しているでしょう。参加者たちは、このチャンネルの即時性と、そこで交わされるリアルな会話に確かな愛憎を持っており、これは素晴らしいアイデアだと思います。

その一方で、すでに多くのブランドマネージャーや経営幹部がClubhouseの会話に参加しており、ブランドと消費者の間のギャップをユニークな場で埋めています。このようなソーシャルメディアのトレンドは、年明け以降、さらに増えていくでしょう。

6. 動画が主役になる

動画コンテンツはソーシャルメディアのコンテンツの王様であり、ソーシャルメディアのトレンドを支配しています。しかし、これはすぐには変わりません。
Facebookのユーザーは毎日、約1億時間の動画を視聴しています。YouTubeによると、YouTubeのユーザーは1日に10億時間という驚異的なコンテンツを視聴しています。さらに、Instagram、Snapchat、TikTokなどのプラットフォームでも、それぞれの個性を活かした動画コンテンツがあふれています。

動画をアップロードする各プラットフォームのニュアンスを理解するだけでなく、ターゲットとなる視聴者や反響を呼んでいるソーシャルメディアのトレンドを深く理解する必要があります。 そのためにはソーシャルリスニングツールが欠かせません。
例えば、Grouponは消費者のユニークな側面をターゲットにした動画コンテンツで素晴らしい仕事をしています。Grouponは幅広い顧客層を持っていますが、旅行に関するコンテンツやレシピを紹介するビデオなど、顧客の一部を直接ターゲットにする必要がある場合には、そのようなコンテンツを提供しています。
このように、それぞれのプラットフォームに合わせたコンテンツを作ることで、洗練されたマーケティングが可能になるのです。

7. 戦略的マーケティングのためのInstagramストーリー

Instagramユーザーの50%がストーリー機能でブランドの商品を知り、85%が少なくとも1つのブランドをフォローしています。
これは、すぐにはなくならないソーシャルメディアのトレンドです。しかし、すべてのブランドが使っているわけではありません。それは、レストランで2人分のスペースがあるのに1人分のテーブルを用意するようなものです。
アプリのトップに表示されるストーリーは通常の投稿に加えて、とても便利です。Instagramのストーリーでは消費者を特集したり、ブランドストーリーを伝えたり、インフルエンサーと連携したり、投票やクイズを作成したり、さらにはライブ配信も可能です。

ブランドはコンテンツに変化を与え、常に新鮮さを保つためにIGストーリーズを利用するようになっています。
ストーリーズは、ブランドマーケティングのための豊富なリソースとなります。例えば、これはNYX Cosmeticsのストーリーからのスナップショットで、製品の一つと購入へのリンクが掲載されています。
あなたのファンは、あなたが紹介した製品を簡単に手に入れることができます。

8. Twitter/Instagram以外のチャネルに注目する

Redditはブランドに見落とされがちですが、ソーシャルメディアのトレンドそのものですから見過ごすべきではありません。
他のソーシャルメディアのような派手さはありませんが、ユーザーは非常に真剣に取り組んでいます。お客様の声(VoC)の情報の宝庫ですから、あなたのブランドも注視すべきです。

Redditは、月間4億3000万人のアクティブユーザーを誇ります。これは、Twitterよりも7,700万人多い数字です。
このプラットフォームではユーザーがブランドや製品についてじっくりと議論しており、新製品やアイデアのデューデリジェンスをおこなう多くの人が利用するプラットフォームとなっています。
議論やコンテンツは主にテキストベースなので、Redditでの会話をソーシャルメディアリスニングツールに取り込み、市場情報を抽出したり、自社のカテゴリーの弱点を見つけてそれを補ったりするのは簡単なことでしょう。

9. AIを活用した取り組みが、あらゆるところでおこなわれるようになる

人工知能を利用したソーシャルメディア分析を利用していないブランドは、利用しているブランドに置いて行かれてしまいます。それほど重要なことなのです。
では、ソーシャルメディアのトレンドを把握するにはどうすればいいのでしょうか? 現在、あまりにも多くのソーシャルメディアの活動があり、それをすべて吸収するのは人間の能力をはるかに超えています。

しかし、人工知能を使えば消費者、競合、市場に関する究極の情報を得るために、あらゆるブランドの発言を捉えることができます。
これに参加していないブランドは、単純に競争できません。過去30日間の人工知能に関するオンラインでの会話の中で、感情の原動力となっている言葉は「help」でした。ブランドマネージャーがAIを必要としているのはネット上のノイズを整理し、終わりのないソーシャルメディアのトレンドを理解するのに役立つからです。結果、あなたのブランドには必ずAIが必要です。

しかし、すべての人工知能が同じように作られているわけではないことを覚えておいてください。低品質できれいなグラフに頼るのではなく、一流のAIを使えばブランドの健全性を示す指標が信頼できるものになります。

10. 価値ベースの購買ブーム

現時点では消費者はEコマースに慣れていて、最もお得に買い物ができるブランドをいくつか知っています。
パンデミックから完全に解放されたわけではありませんが、消費者は自分のお金を最大限に活用したいと考えています。これはソーシャルメディアのトレンドではなく、事実です。

消費者には購入方法や購入先を見直す時間が多くありました。コストに加えて消費者が感じる価値の一部にはカスタマーサービス、カスタマーエクスペリエンス、他のユーザーがそのブランドについてどのように感じているか、パーソナライゼーション、ロイヤリティ報酬や割引などが含まれます。
これらの分野で的外れなことをしているブランドは、最初から最後まで総合的な価値を求める消費者に負けてしまいます。

また、これらの価値のもう一つの側面は「持続可能性」と「包括性」にあります。

11. 差別化要因としてのサイコグラフィック・インサイト

ブランドが消費者データを人口統計学的にスライスするだけで、顧客を「理解」していた時代は終わりました。
今日のソーシャルリスニングツールは性別、人種、地理的位置などよりもはるかに深い情報を提供する人工知能に依存しているからです。

ソーシャル分析ツールの中には、あなたのブランドについて話している消費者の価値観、態度、興味、性格的特徴を理解するためのサイコグラフィックデータを抽出できるものもあります。
これらのサイコグラフィックな要素は、標準的な人口統計よりもはるかに深いオーディエンスの鮮明なイメージを描き出します。このようにオーディエンスを把握することで、競合他社よりも一歩先んじることができ、マーケティングメッセージや製品の配置をより具体的なものにすることができます。そのためには、ツールにも工夫が必要です。

例えば、クラブハウスについての投稿者の情報を探ってみると、25-34歳の層が全体の19%とボリュームゾーンとなっているなどおそらく予想よりもずっと若い人たちが集まっていることがわかります。

12. 形と機能における包括性

包括性はソーシャルメディアのトレンドの域を超えて、ムーブメントのカテゴリーに入っています。
包括的なマーケティングは最近のブランドにとって必須であり、それは的外れではないということでもあります。あまりにも多くのブランドがソーシャルリスニングのスキル不足のために不必要な危機に陥っています。

消費者にとって多様性と包括性は非常に重要であり、これらの原則を反映したブランドメッセージは消費者が求めているものです。
例えば、2018年の調査ではミレニアル世代の70%がブランドメッセージで多様性と包括性を示していることがわかった場合、競合他社よりもそのブランドを選ぶ可能性が高いことがわかりました。これは便乗するべき大きな理由になります。

ディズニーは先日、包括性の名のもとに外見のガイドラインを緩和することを発表しました。
声明によると「ジェンダーに配慮したヘアスタイル、ジュエリー、ネイルスタイル、衣装の選択、適切に見えるタトゥーを認める」という内容です。さらに「このガイドラインは今日の職場に適したものであるだけでなく、キャストが職場で自分の文化や個性をよりよく表現できるようにするために更新します」と述べています。

もちろん、ディズニーの包括的な取り組みに対する反発も少なからずありました。しかしソーシャルリスニングによると、それらのソーシャルメディアユーザーは超少数派であり、ソーシャルメディアのトレンドはしっかりと包括性の側にあることがわかりました。
つまり、これはすべての関係者にとって正しい方向に向かっているということです。それが「形」と「機能」です。

13. サステナビリティの動きが本格化

気候変動や社会経済的な要因により、サステナビリティ(持続可能性)の動きが本格化しています。
これは何年も前から続いている傾向ですが、年々その勢いは増しています。特に、地球上の誰もが消費している食料とエネルギーの分野で熱狂的な盛り上がりを見せています。

私たちは気候変動や限りある化石燃料への依存に対抗するため、長期的な持続可能性を追求する再生可能エネルギーのための真の軍拡競争の真っ只中にいます。
食品業界では消費者の嗜好が資源を大量に消費する肉や魚介類の代わりに、より持続可能で健康的なものへとシフトしているため、私たちが口にするものを再考しています。

この動きは臨界点に達しており、ソーシャルメディアのトレンドとしてユーザーの注目を集めています。NetBaseを使って1ヶ月間に話題になった最も重要なトピックを分析すると、気候変動が最重要課題でしたが、理工系クラスターでは教育も盛んに行われており、ファッション業界も負けていません。

14. フレキシタリアンが食に与える影響

今日のヴィーガンの選択肢は数年前に比べて、品質、入手のしやすさ、魅力の点で数段進歩しています。意識の高い消費者は記録的な数のビーガンを探求しており、このトレンドは盛り上がっています。
しかし、中には全面的に受け入れる準備ができていない人もいますし、もっと気軽に取り入れたい人もいます。また、より健康的なライフスタイルを求めて肉を食べないことを良しとする人もいます。

ソーシャルプラットフォームにはレシピやダイエットのコツ、ビーガンメニューのあるお店を探す好奇心旺盛な「フレキシタリアン」があふれています。
フレキシタリアンは健康に気を配り、持続可能性を重視しています。しかし、何らかの理由でライフスタイルに思い切ったコミットメントをする準備ができていないのです。そのため、ヴィーガンの状況は熱心なヴィーガンだけでなく、多くの人からのコメントや探究心を呼び起こします。

ソーシャルリスニングツールは彼らが何を求めているのか、何が彼らを躊躇させているのか、何がもっと欲しいのか、何が気に入らないのかといった会話を明らかにしてくれるはずです。

15. インフルエンサーとKOLが主導権を握る

ソーシャルメディアのトレンドはインフルエンサーやKOLがきっかけで始まることが多くあります。少なくともインフルエンサーやKOLはトレンドをメインストリームに押し上げる役割を果たします。
ソーシャルのスピードと変化の中で、カテゴリー内の会話に影響を与えているすべての声を把握するのは至難の業です。しかし、ソーシャル分析ツールを使えば、議論をリードする人たちを素早く把握でき、それに応じてインフルエンサーやKOLのマーケティングを調整することができます。

ほとんどのブランドは無限のマーケティング予算を持っていないので、すべての潜在的なインフルエンサーと契約を結ぶことは不可能です。また、その必要もないでしょう。
重要なのは彼らが誰で、どこで、誰に向かって話しているのかを知ることです。

これらの会話とその量は急速に変化しており、新しい人たちが定期的に現れています。
そのため、ブランドの顔を常に新鮮に保つためにソーシャルメディアモニタリングツールを使用して、カテゴリー内のインフルエンサーやKOLに関するメトリクスを通知する必要があります。そうすれば、他のインフルエンサーがターゲットオーディエンスの一部から支持を得始めたときに競合他社に先んじてその恩恵を受けられるよう、迅速に調整することができます。

このように、ソーシャルメディアの世界では多くの変化が起きています。
これらのソーシャルメディアのトレンドのすべてがすべてのブランドに当てはまるわけではありませんが、あなたのブランドが時代遅れにならないようにトレンドを把握しておきましょう。
経験豊富なブランドは彼らがいる場所に合わせて適応します。あなたのソーシャルリスニングゲームはポイントを押さえていますか?ソーシャルリスニングに興味のある方はぜひNetBaseをお試しください。

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ 資料のダウンロードはこちら
NETBASEの資料ダウンロードはこちら お問い合わせはこちらから TEL03-6383-3261
NETBASEの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら