データサイエンスのチカラでビジネスに役立つ価値を

TDSEから新卒のみなさまへ 〜先輩社員インタビュー〜

Interview インタビュー

就活段階から自然体でいられる会社でした。 データサイエンティスト職(2014年 新卒入社)

現在の仕事と役割

2014年に入社し、現在3年目です。第2データサイエンスグループに所属し、データサイエンティストとしてマーケティング関連のデータ分析を行っています。直近では、クライアントのお客様の中から退会しそうな個人を予想する離反予測の仕事に携わりました。
提供していただいた実績データから離反予測モデルを作成して、それを基に離反予測を行います。離反予測の納品形態は分析結果のレポートだったり、ツール化したシステムだったり、さまざまな納品形態がありますが、今回はまずはレポートでの納品でした。

入社した経緯

私は理学部出身で、大学と大学院では確率論を学んでいました。数学の中でも確率論は社会に活かせると思い興味を抱いて選択したのですが、当時はデータを分析する職業があるとは知りませんでした。
就職活動を始めた当初はシステムエンジニアリングなどのものづくりに興味があり、SE会社を回っていて当社の親会社であるテクノスジャパンを志望しました。その頃まだ当社は設立準備の段階だったのですが、就職活動中にその存在を知って、機会があれば仕事をしたいと思っていました。
入社の決め手になったのは、面接などを通して企業風土に触れる中で、自分が自分らしくいられたことです。自分に合っていると感じていました。

仕事のやりがい

もともと、頭を使う仕事が向いているのだと思います。仕事を通して、これまで知らなかった分析技術や、日々進歩する最新技術に触れる機会が非常に多いのですが、それらを吸収していくことで自分の成長を実感でき、やりがいを感じます。
また、データサイエンティストとしてクライアントと直接対話する機会も多く、お客様に理解していただけると、分かりやすく説明できるようになってきたのかなと感じます。

これからの目標

データサイエンティストに必要な能力は、分析スキルとSEとしての技術、それからビジネススキルですが、3つ目のビジネススキルが足りていないと思うので、もっと経験を積んで、案件数をこなして、ビジネススキルを磨いていきたいですね。場数を踏んで、マネージャ職を目指すというキャリアパスも考えています。
また、直近で興味があるのは研究開発です。例えば、簡単な分析に誰もが使えるようなクラウドのサービスを自社製品化してみたいです。データサイエンティストの多くは物理などの出身で、私のような数学出身者はごく少数派です。この点を逆に強みとして活かしていきたいですね。
先ほどのマネージャ職へのキャリアパスと、この研究開発の路線とが拮抗するので、ちょっと悩みどころです。まだ3年目なので、これから考えていこうと思っています。

学生さんへのアドバイス

当社に限らずですが、自然体で就職活動に取り組んでほしいですね。マニュアル本の通りに取り繕って仮に内定をもらったとしても、きっと入社後に苦労するはずです。自分自身のありのままで、内定1つもらえればいいやというくらいのスタンスが良いと思います。
もし、当社を志望するなら、学生時代は研究にまじめに取り組むことですね。研究内容に関係なく、研究過程での経験が大事です。論文を読んで、論文を書いて、発表するといった活動は、データサイエンスの仕事でそのまま活かせるスキルになると思います。

2018年の新卒採用にエントリーする

//
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP