Tecnos Data Science Engineering

RECRUIT 新卒インタビュー05

データサイエンティスト職【入社2年目】 生物化学専攻(博士後期課程修了) ビジネスの形を作るモノづくり的な仕事だから面白い

現在の仕事と役割

 今担当しているのは、ウェブサイトのレコメンドに関する分析です。クライアントのところに常駐して、メンバーの一員としてスケジュール調整や検討案件の設計など、幅広いタスクを担当しています。
 入社2年目ですが、一年目は短いサイクルの案件をいくつか担当してきました。そこではサイト運営者の課題感の可視化や、課題を解決するレコメンドの構築に携わっていました。最近ではレコメンドに関する先行研究を現場で試すようなプロジェクトに入って、より専門性の高い仕事を担当するようになりました。

入社した経緯

 私は生物学、特に脳神経科学出身です。具体的には、小さな虫を顕微鏡で観察して、神経細胞の活動を調べるといった、主に手を動かして進める研究をしていました。ただ、同期が虫の行動の解析や数理モデリングに取り組む姿を見て、複雑な脳を理解するには、数理からのアプローチが必要だと考えるようになりました。その延長線上で、当時流行し始めていた人工知能に興味を持つようになりました。
 データ分析の世界に進もうと思ったのは、当社の一日インターンシップを体験したからです。ディープラーニングのセミナーでしたが、やっていることが面白く、社員の人たちもアカデミア寄りの雰囲気があって、ここで働きたいと思いました。

仕事のやりがい

 ビジネスは利益を上げるのが目標ですが、分析のご依頼を受けた時点では具体策が漠然としていることが多いのが現状です。そこでの課題を聞き取って、分析の形をつくって組み立てるというデータサイエンティストの仕事は、一種のモノづくりなんです。それが面白いですね。

目指すキャリア

 今後はプロジェクトリーダーなど、より上流工程に主体的に関与できるポジションを目指しています。そのために、プロジェクト全体の進行に必要な、プロジェクトの目的・スケジュール・成果物の品質保証など、多面的な要素を同時に考えられるようになりたいと思っています。
また、データサイエンティストを志したきっかけは人工知能ですから、それに関連するデータ分析もやってみたいですね。他の分野の分析もやってみたいです。例えば、製造業のプロジェクトに多い、画像認識の仕事などは、人工知能との親和性が高いと思っています。

会社の雰囲気

 実際に入社してみると、思ったとおりみんな勉強熱心です。しかも若い会社なので、比較的自由です。入社2年目ですが、社内での勉強会での技術発表などもやらせてもらっています。そうしたところが当社の良いところです。

学生さんへのアドバイス

 これまでやってきた専門分野に囚われすぎずに、興味関心があることをやってみようという気持ちが大事です。
 私自身、大学院の途中までは生物の研究一筋だったのですが、博士課程入学後に、医学部への編入試験を受けたり、生物関連の国家公務員試験を受けたりした末に、データサイエンティストの世界に来ました。
 幅広い視野を持って、進むべき道を考えてください。

2019年新卒採用のエントリーはこちら

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら