データサイエンスのチカラでビジネスに役立つ価値を

分析運用アプリケーション開発

devops
TDSEでは、分析目的やお客様の環境に合わせて「分析運用」の設計を行い、分析を実運用に活かしてもらうためのシステム化を行います。
データベースの構築から出力テンプレートの作成、運用マニュアルの作成を行い、運用シミュレーションから保守までをサポートいたします。

分析運用アプリケーション化のプロセス

分析運用アプリケーション化は、主に2つのフェーズで構成されます。
devopsphase

devops011

予測モデルの運用環境整備を行います。

モデルを安定的に運用していくために必要となる環境や手順書等を整備します

  • データベースの構築
  • 外部からの先行指標データの定期購入
  • 処理の自動化
  • 出力テンプレートの作成
  • 運用手順書の作成

devops02

devops021

運用手順にしたがい、モデルの運用と保守をおこないます
予測値算出
収集したデータを元に市場指標の予測および信頼区間の導出を行います。
シナリオシミュレーション
主な先行指標や一致指標についてシナリオを用意し、シナリオごとに市場指標の予測、信頼区間の導出を行います。
予実比較検証
過去の実績と予測の比較をおこない、モデルの精度の検証を行う。精度が劣化している場合は、原因の調査と対策を行います。

 

問い合わせ画像

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP