Tecnos Data Science Engineering

COMPANY 代表挨拶

未来へつながる新しいデータ活用の扉を

テクノスグループは設立から20年、基幹系のデータを主にとり扱ってきました。世の中のIT技術は日々進化し、企業を取り巻くデータの種類や規模は急速に増加し続けています。 その中でも一番の変化はデータが「個」のレベルになったことではないでしょうか。 そのような環境の中、企業はこれまでのようなデータ活用ではもはや太刀打ちできず、この膨大なデータをどう活用するかということが急務の課題となっています。

その活用方法の1つとしてスポットがあたっているのがビッグデータに代表されるソーシャルのデータやログデータなどの「情報系のデータ」です。しかし、情報系のデータだけでは分析するデータとしては足りず、これまで企業が貯めてきた「基幹系データ」を組み合わせることがとても重要になってきます。

また、ビッグデータを取り巻くプラットフォーム関連も進化をしています。たとえばビッグデータ用のDBと言われるものは以前はとにかく高価で、加えて技術者がいなければ扱えないという製品の難しさがありました。これでは今の時代を生き抜くのは難しいです。スピーディにできてこそこれからの時代に適応できます。

弊社はこれまでグループで培ってきた基幹系のノウハウに情報系をプラスすることで企業の事業競争に必ず役立つだろう「新しいデータ活用」を提案、支援してまいります。 多くの皆さまと一緒に「未来へつながる新しいデータ活用」の扉を開きたい、そう願っております。

城谷 直彦

CONTACTお問合わせ