Tecnos Data Science Engineering

COMPANY 代表挨拶

未来へつながる新しいデータ活用の扉を

日本で、そして世界でThe Fourth Industrial Revolution(第4次産業革命)が進行し、AI、ビッグデータ、IoT、ロボットなどによるデジタル革新とデジタル技術を活用した新しいビジネスモデルやシェアリングエコノミーなどの新しいサービス市場が誕生しています。
The Fourth Industrial Revolutionは、日本の成長戦略の中核として位置づけられ、30兆円~40兆円の新しい付加価値を生み出すと言われています。
私たちは、今、この新しい胎動の中にいます。

The Fourth Industrial Revolutionの中で、最も重要な資源は、社会、企業、個人が無数に生み出す多種多彩な「データ」です。
多種多彩な「データ」から重要な関係性や新しい社会的価値、ビジネス価値を見つけ出し、「データ」を活用する仕組みを作り出すには、データサイエンス(Science)とビジネス&データエンジニアリング(Engineering)の両輪が必須であると考えます。
「Science & Engineering」は、当社テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社が、社名に込めた思いです。

当社は、高度な数学をベースにした統計分析、機械学習、ディープラーニングなどの技術やIoT、AIシステム開発、分析基盤構築などのエンジニアリング技術、新しいビジネスモデル、デジタルトランスフォーメーションを実現するビジネスインサイト技術を磨き続け、お客様のビジネス課題の解決、お客様の新製品・新サービスの開発に貢献すべく、邁進してまいります。

城谷 直彦

CONTACTお問合わせ

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら