TDSE株式会社
TDSEマガジン

【WP解説】【画像DXシリーズ】通信・社会インフラ・建設業のための画像DX入門

ホワイトペーパー解説

ホワイトペーパーちょこっと解説では、これからホワイトペーパーをダウンロードするお客様に向けて、資料の内容を少しだけお見せします。続きが気になる方、より中身を詳細に読みこみたい!という方はぜひ、以下のリンクより資料をダウンロードしてご覧ください!

通信・社会インフラ/建設業界において、最新のデジタル技術である「画像DX」が注目されています。
画像DXは、ビジネス活動において画像解析技術を活用して課題の解決や新しい価値の提供を行うことを指し、人手不足の解消や安全対策の強化に大きな可能性を秘めています。

本ページでは、画像DXが注目される背景や具体的なソリューション例についてご紹介します。ぜひ、画像DXの世界を探求してみてください。

画像DXとは

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、デジタル技術を活用して企業のビジネスモデルやプロセス、組織文化を改革し、イノベーションを創出することを指します。その一環として、近年注目を集めているのが「画像DX」です。画像DXは、ビジネス活動において画像解析技術を活用して課題の解決や新しい価値の提供を行うことを言います。

画像DXが注目される理由

近年、社会インフラの老朽化が問題となっています。社会インフラを支える施設の多くは、高度経済成長期に集中的に整備されてきたため、今後一斉に老朽化を迎えます。しかし、人材不足の問題もあり、維持管理や安全対策が追いついていないケースもあります。ここで、DXを活用することで、人手不足の解消や安全対策の強化が実現できるのです。

画像DXのソリューション例

通信・社会インフラ/建設業界では、画像DXが様々な分野で活用されています。例えば、以下のようなソリューションがあります。
– 採掘作業の自動化:重機の自動制御により、現場の安全性を向上させます。
– 建設現場・インフラ施設の防犯用異常検知:監視カメラなどを活用し、不審な行動や侵入を検知します。
– 点検自動化:ドローンや衛星画像などを活用して、構造物の点検を効率化します。
これらのソリューションによって、人手不足の解消や作業効率の改善、安全対策の強化が実現できます。

以上、通信・社会インフラ/建設業界における画像DXについてご紹介しました。

画像DXは、人手不足の解消や安全対策の強化に大いに役立つ技術です。ぜひ、DXへの興味をお持ちの経営者、ご担当者の方々にも、本ページのダウンロードコンテンツを読んでいただき、画像DXの可能性を探求していただきたいと思います。

ダウンロードコンテンツには、より詳細な情報と事例が含まれていますので、続きをぜひチェックしてみてください!

DXやデータ分析に関するトレンドや活用法、
セミナー情報などをお届けします。

メールマガジンに無料で登録する

メールマガジン登録

DXやデータ分析に関する
トレンドや活用法、セミナー情報
などをお届けします

本フォームでは、個人情報と紐づけてweb閲覧履歴を取得しています。
上記個人情報のお取扱いをご確認、ご同意の上、フォームを送信してください。

ご相談・お問合せはこちら

お問合せ

上へ戻る