TDSE株式会社

ディープラーニングを活用した架線の異常検知

業種
社会インフラ
業務
運用・保守
課題
検査効率改善

架線の設備保全として、空撮した動画を人間が目視で異常を判別していました。目視確認では非常にコストがかかっており、また見落としによる検知漏れが発生するなど精度にも課題がありました。

アナリティクス・AIソリューション

画像データから異常/正常を判定するディープラーニングモデルを構築しました。ヘリやドローン等で撮影した画像データをディープラーニングモデルへ入力し、架線部位の異常らしさを数値化/見える化します。

システム概要

効果

  • 目視確認のコスト削減
  • 点検作業時間を当初50%削減、2021年現在80%削減を目指し段階的に進化

CONTACTお問合せ

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください。
TEL. 03-6383-3261 平日9:00 〜 18:00

上へ戻る