Tecnos Data Science Engineering

For Individual Investors経営戦略

優位性を活かした高付加価値循環型モデルによる企業成長力の強化

当社は、AI市場における競争優位性(多彩な人材・豊富な解析技術・協業ネットワーク)を恒常的に高めていくことを、経営戦略の軸としています。また、「ビッグデータ・AIソリューションサービス」と「AI製品等ロイヤリティサービス」の融合を狙いとした、高付加価値の循環型ビジネスモデルを構築し、企業成長力を強化していきます。

事業構想モデル

ビジネス戦略

知識集約型ビジネスと労働集約型ビジネスの
相乗効果を伴うビジネスを推進

当社は、知識集約型ビジネス(ストック型サービス)と労働集約型ビジネス(フロー型サービス)の相乗効果を発揮し、今後も高成長と安定性を維持・加速していくことを目指します。

基本モデルとして、AI製品やAIモジュールの提供開始時において、 『フロー型サービス』として、顧客企業より初期設定費としてのコンサルティングフィーを受領し、その後、顧客から継続的な使用料や運用保守料を獲得する『ストック型サービス』を組み合わせていくこととします。

当社は、『ストック型サービス』を高成長事業として推進していくため、AI製品・モジュールの研究開発に積極的な先行投資を行っていきます。『フロー型サービス』においては、開発したAI製品・モジュールなどを活用し、プロジェクトの効率化、工数の短縮を図ることで収益力を高めていきます。

ビジネス戦略チャート

知識集約型ビジネス
(ストック型サービス)の展開

同ビジネスでは、顧客・協業先と進めてきた数多くのプロジェクトを通じて幅広いノウハウをライブラリー『scorobox』として蓄積しており、自社AI製品「scorobo」やAIモジュールの充実を図りながら協業企業と共同でサービス展開を進めていきます。

また、先進のビッグデータ活用技術やAI技術を持った国内外企業の調査を進めており、当該企業が保有するサービス及びプロダクトを取り込んだソリューションを展開していくことで、ビジネス拡大を図ります。知識集約型ビジネスは、当社の将来基盤を築き上げる成長事業として最も注力していきます。

労働集約型ビジネス
(フロー型サービス)の展開

現在の中核ビジネスである同ビジネスは、大型・中長期案件の獲得を基本方針としており、

案件の選択と集中を進めることで営業効率を高め、受注金額の高い大型案件の獲得を目指します。またコンサルティングメニューを強化し、中長期にわたり顧客への経営支援を行う体制を構築し、安定的な収益基盤として強化していきます。

また、豊富なライブラリー活用したプロジェクト運営の効率化、自社開発した解析用AIエンジンの活用を進め、プロジェクトごとの工程数を短縮し、利益率の向上を図ります。

成長拡大イメージ

労働集約型ビジネスから
知識集約型ビジネスへ収益構造を転換

当社は、高成長事業の位置づけとして、ストック型サービスにつながる知識集約型ビジネスを強力に推進します。

現在、労働集約型ビジネス(フロー型サービス)が売上げの大半を占めておりますが、知識集約型ビジネス(ストック型サービス)の占率を早期に高めることを目標としています。そのためにも、専門人材の獲得、技術ライブラリーの充実、協業ネットワークの強化を図っていくことで、自社製品及び他社製品含めて、AI製品・モジュール・ソリューションの充実を進めます。

当社は、これらAI製品・AIソリューションの欧米・アジア等の海外展開も視野に進めていきます。

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら