TDSE株式会社

AIによる製品品質の安定化・バラつき要因分析

業種
製造
業務
品質検査
課題
要因分析
検査効率改善
生産効率化

駆動系製品を実際に動作させる品質検査試験において検査結果として取得しているセンサーデータ及び製品の設計情報・部品寸法などのデータを用いて、検査結果のバラつき要因分析を行い、製造条件などの改善につなげたい。

アナリティクス・AIソリューション

品質検査試験の測定条件、製造品の設計情報・部品寸法などを特徴量として、検査結果のバラつきを予測するモデルを開発しました。そのモデルのパラメータを分析することで、要因として解釈しました。

効果

  • バラつき予測モデルの構築には特徴量が不足していることが明らかとなった
  • 上記の分析知見に加え業務ドメインを踏まえることで、次期製造計画に向けて取得すべきデータに対する示唆が得られた

CONTACTお問合せ

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください。
TEL. 03-6383-3261 平日9:00 〜 18:00

上へ戻る