Tecnos Data Science Engineering

RECRUIT 新卒インタビュー01

現在の仕事と役割

 2015年の中途入社で4年目。第2データサイエンスグループのリーダーとしてWebマーケティングやデジタルマーケティング系の案件に取り組んでいます。
 リーダーの仕事は、お客様から問題をヒアリングし、業務に利用可能な分析に落とし込み、お客様企業の効果改善に資する施策展開までをサポートすることと、メンバーに分析業務のタスクを割り振り、メンバーが作業を実施するにあたって直面する技術的な問題や課題を解決するアドバイスをすること、そして、実際にお客様と業務の折衝を行うことです。
 いまは2つのプロジェクトで上記のような仕事をしています。

入社した経緯

 学生時代は物理学の「素粒子実験」という分野に携わっていました。巨大な実験装置で素粒子のデータを大量に取って、そこから新しい素粒子の性質や物理現象を調べる研究です。

 もともと学生時代からデータを扱っていることもあり、そのスキルを活かせそうなデータ分析の仕事に興味が湧き、この業界に入ってきました。TDSEは設立してから若く、自由が利きそうであったため、いろんなことに挑戦できそうだと感じ、入社を決意しました。

仕事のやりがい

 データは貯めているだけでは何も生み出しませんが、分析をすることでビジネスに役立つ知見が得ることができます。その事自体楽しいですが、さらにそれがお客様に喜ばれたときはとてもやりがいを感じます。

 例えば、マーケティングの分析で、実際に利用しそうなお客様は誰か、という分析をした場合、「“利用”にはこういう要素が効いていたのですね。」など、顧客が知らなかったことを提示して。実際に「面白い」と言っていただけることが楽しさを実感する瞬間です。

 さらにその予測を使ったことで売上が何千万円上がった、というのをお見せすると、顧客から大変喜ばれ、「素晴らしい」とお褒めの言葉をいただけます。データサイエンスで顧客に喜んで頂き、大変やりがいを感じます。

これからの目標

 担当している案件で求められることは、データアルゴリズムへの理解というよりも、ビジネス寄りの知見やコミュニケーション力なので、そこを強化していきたいです。それに加えてリーダーとしてのプロジェクト推進技術を身につけたいですね。
 当社のキャリアプランとしては、マネージャーになるかスペシャリストになるか、ということになりますが、私は人と関わるほうが好きなので、マネージャーになっていきたいと思っています。

学生さんへのアドバイス

 まず、今の研究に打ち込んでください。今しかできない経験ですから。その経験を通して培われた、論理的思考力と粘り強さをもつような人材が当社に向いていると思います。
 その一方で、合う合わないの問題もあると思いますので、就職活動を通していろんな会社の社員さんに会ってみるのもいいと思います。Webサイトでは分からない雰囲気が感じ取れると思うので。もし私に会ってみたいという方がいましたら、採用担当へご連絡ください。

2019年新卒採用のエントリーはこちら

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら