Tecnos Data Science Engineering

RECRUIT 新卒インタビュー06

現在の仕事と役割

 メーカーの新規事業開発のためのデータ分析を担当しています。介護関連施設向けに提供されたセンサーから得られるデータを利用し、効果的なサービスの開発を目標とする仕事です。トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、日々収集されるデータを分析し、データサイエンティストという立場からデータ分析のアドバイスやデータのハンドリングをしていくのが、私の役割です。

入社した経緯

 学生時代にやっていたのは、整数論で、データ分析とはほぼ無縁の純粋数学の研究領域でした。“データ”というものを意識し始めたのは、新卒で生命保険会社に就職して保険料率などを扱うアクチュアリーの仕事についてからです。
 5年ほど生命保険会社で様々なデータに関わる仕事をしているうちに、もっと新しい手法を使って幅広い業種でデータ分析をしてみたいと考えるようになりました。慎重さが求められる保険の世界は新しい手法を導入するのにどうしても時間がかかってしまいます。そこでデータ分析に特化した会社に転職したいと考えて、2018年6月に当社に入社しました。

仕事のやりがい

 今担当している仕事は、かなりビジネス寄りです。大量のデータをひたすら分析するのではなく、日々収集されるデータを材料に仮説検証を繰り返して、ビジネス上の効果を分析していきます。
 変化を繰り返しながらビジネスが作られていくのを目のあたりにしているので、毎日が刺激的です。利害関係者との対話を通じて価値検証し、最終的なマネタイズに向けて取り組んでいます。狭義のデータ分析からみれば本道ではないかも知れませんが、こうした経験はなかなかできません。それだけにやりがいを感じています。

これからの目標

 直近では、ビジネス現場の課題を想像できる力を磨きたいと思っています。データの背後にある問題をデータから見出していくには、データを正しく扱う能力以外にも、様々な知識や技術を身に着けなければなりません。
 データ分析ができるようになった後は、ひとつの完結したプロジェクトを運営できるようなマネジメント能力を身に着けたいと思っています。その先はまだまだ未知数ですが、保険業界も含めて幅広い業種を手がけてキャリアを見極めていくつもりです。

学生さんへのアドバイス

 具体的な業種を決める前に、仕事に何を求めるのかを是非考えて欲しいと思っています。知的好奇心なのか、社会貢献なのか、生活の安定なのか。それらをどう優先順位をつけてバランスをとるのかを考えておけば、悔いのない就職活動ができるはずです。
 当然、仕事をしていく中で優先順位が変わっていくこともありますが、それはそれとして受け入れていけばいいと思います。大事なのは基準をもって一歩を踏み出すことだと私は考えています。

2019年新卒採用のエントリーはこちら

contactお問合わせ

お電話でのご相談/お申し込み等、お気軽にご連絡くださいませ。

03-6383-3261

受付時間:9:00-18:00(土日祝休)

お問合わせ

お問い合わせはこちらから

03-6383-3261 メールでのお問い合わせはこちら